Just another WordPress.com site

ボーダーレス?その理由とは? 2012年8月3日

先日の当店代表の堀ブログで
A-2とアロハシャツの関係。。。
なんてアロハ好き&A-2好きには
たまらないスタイリングをぶちかまして
くれていましたが。。。

あのスタイルには本当にやられてしまいます。

インナーにアロハを持ってくる時点で
キターってな具合でございますが
それになおのことA-2だなんて~っ。。。

かぁ~っ!!!

ナイスです★

さて今日は、先日カラーをテーマにと言う事で
公表しておりましたが、しっかりとこのコンセプトをやるのを忘れておりました!
今更ながら?なんて思うかもしれませんが、このアロハの時期に
どうしても知っておいて頂きたい&これを参考に選んでいただきたい!
そしてこのまだまだ続く夏を楽しんで頂きたい!なんて・・・
いつかのテレビ番組、見たい聞きたい歌いたい!ッテな具合で
「たい」が語尾に続きましたがどうぞご容赦をっ。

さて今日はみなさんもご存知のこのアロハパターン!

そう!世に言うボーダー柄でございます。
ボーダー柄と言えば、1940年代後半から50年代にかけて
一世を風靡した!ソイヤ的な柄(この文の意味が分かる人、80S~90SJーPOP通?)は
今でも、アロハシャツの代名詞的なイメージを持っていらっしゃる方も
多いのではないかと思います。

えっ!そんなの!知ってるし!

なんて思う方もいらっしゃると思いますが
やっぱり王道のイメージを持つこの柄パターン、ボーダー柄。
要するに縦に等間隔や、ランダムなパターンで
縞状に、そして縦線が入るパターンでございます。
もちろん、全てがボーダー感ではなく、その縞と縞の間に
柄が入ることも当然ございます、まぁ~そのあたりが
やっぱり自由な感性を持つ、アロハナイズドでアメリカナイズドな点と言っても
過言ではございません。

実は、このボーダーパターン。
意外とアロハは初めて・・・アロハはちょっと・・・なんて方に
そしてもちろん、無類のアロハ好きの方にも
本当にはまり易い柄と言うか、通な方でも初心者の方も楽しめる、
柄の1つでございます。なぜなら、ワークシャツに例えればヒッコリーストライプと同じ
感覚なのでございます、ヒッコリーと言えば幅広い方に受け入れられる
柄粋のパターンですが、よくよく考えてみると、このボーダーパターンも同じ事なのでございます★

そしてこれがアメカジの、すなわちアロハの王道的な柄の良さなのでございます。

王道は王道といわれるべき理由が在る。

これ勝手にモリイ語録ではございますが、本当に確かなんですよね!!!

ん~ンそれでも・・・
と思う方は一度是非!ご試着してみてください!
その柄の入りやすさは、見た目より着た目が一番良く分かります。
画像やカタログ、雑誌ではいくら人間が着ていても平面、
やっぱり初めて人間が袖をとおすことを肉眼で見る
立体感とは違います!是非!一度体感してみてくださいね★

きっと・・・がっつり・・・クルと思います!!!

と言う事で今日は珍しく長々と真面目な文面に
いささか自分でもビックリなところではございますが
今日はこの辺で
おしまい
そんな今日はかなりの汗をかいて
少しだけ痩せた気のしている
大垣シティーからの
こんばんは
店員のもりいでした。

おまけ画像

がっつりタオルとTEEとワークキャップで

杢グレイが何故かボーダーに。。。

それは・・・

汗が・・・

理由。

広告
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中